So-net無料ブログ作成

ウクレレのピック、最高なのは自分の爪?

以前の記事で、ウクレレピック買ったのを
ご紹介したのですが

今回は、自前のピック =「爪」について
調べてみました。^^

ウクレレの基本はやっぱり
手で、自分の指で弾くこと。

ちなみにこの方は、親指の爪が
ほとんどピック状態になっています。。。^^;


確かに
ピックを持つより自分の親指の方が
当然フィット感バツグンだし弾きやすい。。。

他の人はどうしているんだろぅ?
と、思い、色々調べてみると

【爪以外】
 ・ピックを使う
 ・ジェル・ネイルを使う

【爪の場合】
(ウクレレを弾く右手の爪が対象となります)
 ・親指だけ爪を伸ばす
 ・親指と人差し指の爪を伸ばす
 ・親指・人差し指・中指の爪を伸ばす(3フィンガーで弾く場合)
 ・5本の指全部の爪を伸ばす(アルペジオ奏法などする場合)

 どの爪を伸ばすかは、
 弾き方によっても違うようです。

 最もポピュラーなのは
 よく使う親指と人差し指を伸ばす。
 というものでしょうか?
 多分、まったく好みの世界なんでしょうね。

爪で弾く場合、
「爪のお手入れ」というのも
かなり重要になって来るようで

「長過ぎず、短すぎず」
ちょうど良い長さを保ちつつ
割れや削れにも気をつかい
爪ヤスリなどのケアグッズで常に整えておく。

案外、ピックの方が楽かも?笑

ちなみに、指によっても
爪の具合は変わるようで

たとえば、ダウン・ストラムという
上から下に向けて弦をかき鳴らす奏法だと
人差し指の爪の右側から削れて形が崩れて来るそう。
弦を下に向けてかき鳴らすから、摩耗して減っちゃうんですね。

親指はその逆で、爪の左側が削れて来るそうです。
確かに、親指の爪は左側を弦に当てて弾いています。

そんなことには全く気づかなかった私は
爪が削れてくるほどには弾いてない、練習してない
ということになります。^^;
確かに、いくら見ても爪、削れていません。。。


常に演奏しているプロの人などは
自分の最適な爪のコンディションを知っていて

弦に指や爪を当てた瞬間に
微妙な狂いがわかるそうです。
なので、常にウクレレを持ち運ぶときには
爪ヤスリもケースに入れているのだとか。

なるほど〜
勉強になったなぁ。。。
わたしもがんばらなくっちゃ!≧(´▽`)≦

nice!(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 2

Copyright © ちょっとウクレレ ♪ My little lover All Rights Reserved.

Designed by af5

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。